FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む

本サイトではテクニカル分析・経済指標から為替を予想します。

免責事項 

当ブログは外為に関する様々な情報を掲載していますが、最終的な投資決定は御自身で行ってください。 また掲載されている情報の過ちによって生じるいかなる結果にも責任を負いません。 以上を御理解と御承諾の上でお楽しみ下さい。

管理者ページ

FC2カウンター 

スポンサードサイト 

5min足レート 


ALL外為比較
外為取引各社の比較・一括資料請求ができる、『ALL外為比較』!手数料で比較・モバイルで比較・初心者向け情報で比較など各種情報が充実しています。
↓↓↓一括資料請求はこちら↓↓↓
ALL外為比較

プロフィール 

パソメカ

Author:パソメカ
2005年の3月のFX開始以来、円安に乗じ70戦で64勝6敗で100万円の利益をたたき出したが、12月14日の円大高騰に足元をすくわれ、以降取り返そうと無謀な取引を繰り返し、逆に負債を170万円まで膨らめたサラリーマンの負債返却日記です。

ブログ内検索 

カテゴリー 

 

リンク1 

このブログをリンクに追加する

相互リンク 

相互リンク2

相互リンク3

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AMAZONサーチボックス 















パソメカのFX初心者口座
初めての外国為替証拠金取引


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

7/14~7/18発表の経済指標結果 

7/14~7/18発表の経済指標結果


発表日
時間 (国) 指標名
   前回(修正) 予想 結果

7/14
(月) パリ休場(フランス革命記念日)
(日) 日銀金融政策決定会合(~15日)
07:45 (NZ) 5月小売売上高指数 [前月比] +1.0% -0.1% -1.2%
17:30 (英) 6月生産者物価指数 [コア:前年比] +5.9%
(+6.1%) +6.5% +6.4%
18:00 (ユーロ圏) 5月鉱工業生産・季調済 [前月比] +0.9%
(+1.0%) -2.3% -1.9%
7/15
(火) (日) 日銀金融政策決定会合(14日~発表) 全会一致で現行の0.50%で据え置くことを決定
07:45 (NZ) 第2四半期消費者物価 [前期比] +0.7% +1.4% +1.6%
(NZ) 第2四半期消費者物価 [前年比] +3.4% +3.8% +4.0%
10:30 (豪) RBA議事録
・需要鈍化の兆候が増加、現在の政策は適切
・金融状況全体の引き締まりや燃料価格の高騰が需要を抑制
・交易条件の改善が消費拡大につながるであろう
・CPIと需要の先行きは不透明さが強い

15:45 (仏) 5月経常収支 -30億EUR -- -25億EUR
17:30 (英) 6月消費者物価指数 [前月比] +0.6% +0.4% +0.7%
(英) 6月消費者物価指数 [前年比] +3.3% +3.6% +3.8%
17:30 (英) 6月小売物価指数 [前月比] +0.5% +0.5% +0.8%
18:00 (独) 7月ZEW景況感調査 -52.4 -55.0 -63.9
18:00 (ユーロ圏) 7月ZEW景況感調査 -52.7 -56.0 -63.7
21:30 (米) 6月生産者物価指数 [前月比] +1.4% +1.3% +1.8%
(米) 6月生産者物価指数 [コア:前月比] +0.2% +0.3% +0.2%
(米) 6月生産者物価指数 [前年比] +7.2% +8.6% +9.2%
(米) 6月生産者物価指数 [コア:前年比] +3.0% +3.2% +3.0%
21:30 (米) 6月小売売上高 [前月比] +1.0%
(+0.8%) +0.4% +0.1%
(米) 6月小売売上高 [前月比:除自動車] +1.2% +1.0% +0.8%
21:30 (米) 7月ニューヨーク連銀製造業景気指数 -8.7 -7.8 -4.9
22:00 (加) 加中銀政策金利発表 現行の3.00%で据え置くことを決定
23:00 (米) 5月企業在庫 [前月比] +0.5% +0.5% +0.3%
7/16
(水) 08:50 (日) 5月第3次産業活動指数 [前月比] +1.8% +0.2% -0.2%
14:00 (日) 7月金融経済月報
・景気は減速しているが、その後は緩やかな成長に
・景気は更に減速している
・輸出、生産、消費、住宅を下方修正
・消費者物価は上昇基調
・企業の業況感も減速

15:00 (独) 6月消費者物価指数・確報 [前月比] +0.3% +0.3% +0.3%
15:00 (独) 6月消費者物価指数・確報 [前年比] +3.3% +3.3% +3.3%
15:45 (仏) 6月消費者物価指数 [前年比] +3.3% +3.6% +3.6%
16:15 (スイス) 5月実質小売売上高 [前年比] -9.4% +3.8% +7.4%
17:30 (英) 6月失業率 2.5%
(2.6%) 2.6% 2.6%
17:30 (英) 6月失業保険申請件数 +0.90万件
(+1.43万件) +1.00万件 +1.55万件
18:00 (ユーロ圏) 6月消費者物価指数 [前月比] +0.6% +0.4% +0.4%
(ユーロ圏) 6月消費者物価指数・確報 [前年比] +4.0% +4.0% +4.0%
18:00 (南ア) 5月実質小売売上高 [前年比] -0.3%
(-0.1%) -1.3% -3.6%
21:30 (加) 5月製造業出荷 [前月比] +2.0%
(+2.1%) +0.5% +2.7%
21:30 (米) 6月消費者物価指数 [前月比] +0.6% +0.7% +1.1%
(米) 6月消費者物価指数 [コア:前月比] +0.2% +0.2% +0.3%
(米) 6月消費者物価指数 [前年比] +4.2% +4.5% +5.0%
(米) 6月消費者物価指数 [コア:前年比] +2.3% +2.3% +2.4%
22:00 (米) 5月対米証券投資 [ネット長期フロー] +1151億USD
(+1119億USD) +700億USD +670億USD
(米) 5月対米証券投資 [ネットフロー合計] +606億USD
(+616億USD) -- -25億USD
22:15 (米) 6月鉱工業生産 [前月比] -0.2% +0.1% +0.5%
22:15 (米) 6月設備稼働率 79.4%
(79.6%) 79.4% 79.9%
26:00 (米) 7月NAHB住宅市場指数 18 18 16
27:00 (米) FOMC議事録(6月24、25日)
・一部メンバーは早急な利上げを主張
・政策変更は次回は利上げの見込み高い
・インフレの上振れリスクが高まった
・成長リスクは依然下向きの方向
・TSLF、TAFを2008年以降の延長を評議
・多くのメンバーは物価、成長先行きが不確かと見ており、金融政策の時宜や程合いは不透明
・エネルギー価格の高騰が成長を抑え、短期インフレを押し上げる
・FOMCは長期インフレ期待の上伸を懸念
・情勢に応じて、迅速な対応をしていく

7/17
(木) 08:50 (日) 7/11までの対外及び対内証券売買契約等の状況 対内株式投資:2424億円の資本流出超
対内債券投資:5282億円の資本流入超
対外債券投資:584億円の資本流入超
14:00 (日) 5月景気動向調査・改訂値 [先行CI指数] 92.6% -- 92.9%
(日) 5月景気動向調査・改訂値 [一致CI指数] 103.0% -- 103.3%
17:15 (香港) 6月失業率 3.3% 3.3% 3.3%
18:00 (ユーロ圏) 5月建設支出 [前月比] -0.8%
(-0.6%) -- +0.2%
21:30 (米) 6月住宅着工件数 97.5万件 96.0万件 106.6万件
21:30 (米) 6月建設許可件数 96.9万件
(97.8万件) 96.5万件 109.1万件
21:30 (米) 7/13までの週の新規失業保険申請件数 34.6万件 38.0万件 36.6万件
23:00 (米) 7月フィラデルフィア連銀景況指数 -17.1 -15.0 -16.3
23:30 (加) 加中銀マネタリーレポート
・08年第3四半期に総合インフレは3.8%に達する見通し
・第3四半期のコアインフレは1.5%に近づく
・08年第4四半期に総合インフレは4.1%に達する見通し
・09年第1四半期にインフレは4.3%で頂点に達する
・総合、コアインフレの双方とも09年下半期に2.0%と予測
・09年の成長見通しは2.4%から2.3%に下方修正
・高騰する商品価格がインフレ展望に変化
・次の政策決定会合は9月3日に開催する予定
・08年のカナダ政策金利は据え置きと投資家は見ている
・現行の政策金利は適切である
・世界の市場は不安定な状況が継続

7/18
(金) 08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(6月12・13日分)
・人々の中長期的な物価観に変化が起こるかが政策判断基準の大切なポイント
・現時点での物価面でのリスクより、下方リスクを重視する必要がある
・物価安定下において成長を継続するには、適切な確信を持てば斬新かつ迅速な政策対応すべき
・国際商品市場の高騰への波及は各国により様々で、金融政策も違いがある
・二次的な物価上昇は、賃金の動向が重要視されている
・日本の賃金は上昇していない為、二次的な物価上昇の動きは限定的
・生産コスト上昇を価格に転換する企業の姿勢が徐々に高まっている
・世界的な物価高騰に対して金利上昇が伴わない可能性
・国際金融市場は米欧金融機関に対する資本増強策の進行状況が極めて重要
・米国経済、マイナスの悪影響がどのように改善に向かうか不明確

10:30 (豪) 第2四半期輸入物価指数 [前期比] +2.7% +2.2% +1.4%
15:00 (独) 6月生産者物価指数 [前年比] +6.0% +6.5% +6.7%
17:30 (英) 6月マネーサプライM4・速報 [前年比] +10.0% +9.7% +11.5%
18:00 (ユーロ圏) 5月貿易収支 +23億EUR
(+25億EUR) -10億EUR -46億EUR
21:30 (加) 6月景気先行指数 [前月比] +0.2% +0.1% ±0.0%
21:30 (加) 5月卸売売上高 [前月比] +1.4%
(+1.5%) +0.5% +1.6%
スポンサーサイト
2008/07/19 07:07|未分類
 
相互リンク更新状況 

キャンペーン情報 

■キャッシュバック


■キャッシュバック
 

■キャッシュバック
 

資料請求はこちら 

口座開設はこちら 

トータルカウンター 

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚紹介

お越し頂きありがとうございます 

アクセスランキング

Copyright(C) 2006 FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。