FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む

本サイトではテクニカル分析・経済指標から為替を予想します。

免責事項 

当ブログは外為に関する様々な情報を掲載していますが、最終的な投資決定は御自身で行ってください。 また掲載されている情報の過ちによって生じるいかなる結果にも責任を負いません。 以上を御理解と御承諾の上でお楽しみ下さい。

管理者ページ

FC2カウンター 

スポンサードサイト 

5min足レート 


ALL外為比較
外為取引各社の比較・一括資料請求ができる、『ALL外為比較』!手数料で比較・モバイルで比較・初心者向け情報で比較など各種情報が充実しています。
↓↓↓一括資料請求はこちら↓↓↓
ALL外為比較

プロフィール 

パソメカ

Author:パソメカ
2005年の3月のFX開始以来、円安に乗じ70戦で64勝6敗で100万円の利益をたたき出したが、12月14日の円大高騰に足元をすくわれ、以降取り返そうと無謀な取引を繰り返し、逆に負債を170万円まで膨らめたサラリーマンの負債返却日記です。

ブログ内検索 

カテゴリー 

 

リンク1 

このブログをリンクに追加する

相互リンク 

相互リンク2

相互リンク3

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AMAZONサーチボックス 















パソメカのFX初心者口座
初めての外国為替証拠金取引


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

今日も変わらぬ展開 

今日も昨日からの展開を引き継ぎ、円高です。
ポンドこけたら、皆こけた状態ですね。

EOBの内容は以下のようでした。
【イギリス】
*英中銀金融政策委員会議事録(1月)18:30
5対4で利上げを可決。
ロマックス副総裁、ブランチフラワー委員、ビーン委員、タッカー委員が利上げ反対。

※ロマックス副総裁、ブランチフラワー委員は前回11月の英利上げの際にも金利据え置きを主張。
 政策金利引き上げに反対票を投じている。市場では元々両氏が利上げに反対し、7対2で利上げ
 可決との見方が強かった。ビーン委員、タッカー委員が反対を表明したのはサプライズ。
 
利上げ派の主張
・利上げを遅らせる理由はない、CPIが予想した水準に減速しないことは明白
・早期利上げが今後の更なる利上げを抑える、マネー、信用の伸びを警戒
・通貨、資産価格も利上げ材料

据え置き派の主張
・目先のCPIに反応と解釈され、望ましくない
・引き締めすぎのリスクを生むとして反対
・今回の利上げは材料不十分

今日の円高要因はあまり強くないのに。
スポンサーサイト
2007/01/25 19:19|未分類CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
相互リンク更新状況 

キャンペーン情報 

■キャッシュバック


■キャッシュバック
 

■キャッシュバック
 

資料請求はこちら 

口座開設はこちら 

トータルカウンター 

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚紹介

お越し頂きありがとうございます 

アクセスランキング

Copyright(C) 2006 FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。