FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む

本サイトではテクニカル分析・経済指標から為替を予想します。

免責事項 

当ブログは外為に関する様々な情報を掲載していますが、最終的な投資決定は御自身で行ってください。 また掲載されている情報の過ちによって生じるいかなる結果にも責任を負いません。 以上を御理解と御承諾の上でお楽しみ下さい。

管理者ページ

FC2カウンター 

スポンサードサイト 

5min足レート 


ALL外為比較
外為取引各社の比較・一括資料請求ができる、『ALL外為比較』!手数料で比較・モバイルで比較・初心者向け情報で比較など各種情報が充実しています。
↓↓↓一括資料請求はこちら↓↓↓
ALL外為比較

プロフィール 

パソメカ

Author:パソメカ
2005年の3月のFX開始以来、円安に乗じ70戦で64勝6敗で100万円の利益をたたき出したが、12月14日の円大高騰に足元をすくわれ、以降取り返そうと無謀な取引を繰り返し、逆に負債を170万円まで膨らめたサラリーマンの負債返却日記です。

ブログ内検索 

カテゴリー 

 

リンク1 

このブログをリンクに追加する

相互リンク 

相互リンク2

相互リンク3

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AMAZONサーチボックス 















パソメカのFX初心者口座
初めての外国為替証拠金取引


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

今回のポン円両建て時の反省 

今日は今回行ったポン円の両建てについての反省を書きます。
FC2ブログランキングに戻る

口座の状態
資金は10万円、保証金は1枚に付き1万円、余剰金が無くなった時点でロスカットです。
JRANK BLOGに戻る

まず、今回、私が取った行動です。
①ポン円を2枚ロング。(ポン円が騰がるとの思惑から)
②ポン円2枚を両建て。(ロスカットを恐れ)
③更に2.8円(合計5.6円)下落。
④2.3円上昇したため、両建てを解除。(ショートのみ決済)
⑤10万追加投資。(翌日口座に反映される)
⑥口座に追加資金が反映される前にロスカットになると嫌なので、ポンドルをショートしてリスクヘッジ。
⑦一時的にポン円、ポンドルが両方上昇し、ポン円1枚ロスカット。
⑧ポンドル2枚を決済。(頭の中を整理して、一旦リセットするため)
⑨ポン円を1枚ショート。
この後も不可解な行動を取りましたが、一連の流れです。
ブログ村に戻る

さて、反省とどうするべきだったのか?
結果論で話をするのではなく、次回の両建て時には注意をする点です。
①ポン円が騰がるとの思惑からポン円を2枚ロングしました。
 これは、自分の思惑ですから、問題ありません。

②2.8円下落した時点でロスカットを恐れ、ポン円2枚を両建て。
 これも問題ありません。
 人によってはここで損切りするべきとの判断もあるでしょう。
 しかし、私は下落した分は必ず戻る。戻らなくてもスワップにて回収すると決めました。

③そのまま更に2.8円(合計5.6円)下落。
 これも予想を超えてはいますが、市場の状況ですから問題ありません。

④2.3円上昇したため、両建てを解除。(ショートのみ決済)
 これが一番の問題です。
 両建てを解除するのが遅すぎます。
 この後反転したから結果論で言うのか?違います。
 そもそも私が両建てをした目的が、ロスカットの危険を避けるためです。
 決してショートで利益を得るためではありません。
 したがって、ショートしてから、更に2円程度下落し、反転の兆しを見せた時点ですぐ解除するべきたっだのです。
 また反転する可能は残っているのですが、そこから更に2.5円下落する可能は非常に低いのです。
 テクニカル的にも反転の兆しを見せていました。
 日銀政策、BOE、FOMCと不安材料は盛りだくさんでしたが、再度両建てすることはいくらでも出来るのです。

⑤口座状況が不安なため、10万追加投資。(翌日口座に反映される)
 これは問題ありません。

⑥口座に追加資金が反映される前にロスカットになると嫌なので、ポンドルをショートしてリスクヘッジ。
 これが、二番目の問題です。
 追加資金が反映されるのが翌日です。
 しかし、余剰資金から見て、翌日までにロスカットの危険はほとんどありませんでした。
 それなのに、不安に思いポンドルをショートしたのです。
 前日のブログに余剰資金がある時には有効的でリスクヘッジですが、同じ方向に振れる場合があると書いています。
 それなのに、ポンドルをショートしてしまいました。
 この時の間違いは両建て時には保証金が不要ですが、ポンドルショートには保証金が必要であることです。
 これを見事に忘れていました。
 ポンドルショートにより、余剰資金が減り、更に両方が逆に振れました。 
 (④で間違いを起こさなければ、起きない間違いでしたが)

⑦一時的にポン円下落、ポンドルが上昇し、ポン円1枚ロスカット。
 当然の結果です。

⑧ポンドル2枚を決済。(頭の中を整理して、一旦リセットするため)
 はい、仕方ありません。
 ポンドルショートを持っている意味もありません。

⑨ポン円を1枚ショート。
 不安解消のためには仕方ありません。

一番の問題は④、二番目の問題は⑥です。
④は判断ミスですから、ある意味諦めるべき行動でしょう。
しかし、⑥は全くの凡ミスです。
こんな事は投資家してはしてはいけないミスですから、これからはよく考えて行動します。
皆さんはこんなミスしませんよね。

最近ランキングが落ち込んでいます。
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
最近、力を入れたいと思っているランキングです。
クリックお願いします⇒FC2ブログランキング
クリックお願いします⇒ブログ村
クリックお願いします⇒JRANK BLOG
スポンサーサイト
2007/02/23 10:10|GBP(英ポンド)CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
相互リンク更新状況 

キャンペーン情報 

■キャッシュバック


■キャッシュバック
 

■キャッシュバック
 

資料請求はこちら 

口座開設はこちら 

トータルカウンター 

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚紹介

お越し頂きありがとうございます 

アクセスランキング

Copyright(C) 2006 FX日記 テクニカル分析・経済指標から相場を読む All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。